スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

建ぺい率と容積率? 

例えば土地を買ったとして、その敷地内いっぱいに家を建てられるわけではありません。大きな家を建てたいと思っても、敷地に建てられる大きさは法律で定められているんです。


それを定めているのが建ぺい率と容積率です。

建ぺい率・・・敷地面積に対する建築面積(*1)の割合

容積率・・・敷地面積に対する延べ床面積(*2)の割合

 *1・建築面積とは建物の水平投影面積(真上から
   みた外壁などの中心線で囲まれた内側の部分の面積)
   ようするに最も大きい階の面積となるのでほとんどの場合1階。
   2階の方が大きければ2階を地面に投影した面積。

 *2・延べ床面積とは各階の床面積の合計


建ぺい率は建築基準法で用途地域ごとに上限が定められていて、その範囲内でそれぞれの地域の特性を考慮して、都市計画により数値が定められています。


容積率の制限は建築基準法の範囲内で都市計画によって指定された容積率と、前面道路による制限のどちらか厳しいほうが適用されます。

⇒用途地域、建ぺい率と容積率


100㎡の敷地で建ぺい率50%、容積率150%の場合、建築面積は最大で150㎡となり、単純な3階建てなら各階の床面積が50㎡の家が建てられるということになりますね。

数字だけ見るとこれしか建てられないの?!と感じるかもしれませんが、敷地の状況や建物の構造などによって、特に容積率はさまざまな規制緩和が適用されます。

つくり方を工夫すれば狭小な敷地でも広い家を建てることができるのです。


にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/05/30 17:26 ] 基礎知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨーコ

Author:ヨーコ
Kパパ☆N奈☆K太の4人家族^^
新居が完成したらじーじも同居。
滋賀県在住。

*この度、心機一転ブログ名を変更しました。
以前から、なんて面白みのないちんけな名前なんだ・・と
後悔しておりました。^^;
家が完成してからも、マイペースでやっていきたい気持ちもあり
住んでる地域にちなんで
ローコストで納得!マイホームを建てる改め、
「琵琶湖をながめる丘ハウス」といたしました。

リンクを貼っていただいてるお方、
ブログ名変更にお気付きになった場合は
お手数ですが修正して頂けると幸いです。


2008年5月着工~6月25日上棟~9月後半竣工予定

■外壁は黒のガルバリウム
■床は無垢材をオスモカラーで塗りました
■壁もタナクリームを自分たちで塗っちゃいました
■小上がりの畳スペース
■竣工後はウッドデッキ・アプローチ・
野菜畑・花壇などDIYする予定


家作りを考え始めたのが2006年10月。その後、ASJを通じて兵庫県の谷ノ口義弘設計事務所と出会い、丸屋建設が建ててくれます。

アジア~ンとか和モダン風なインテリアがスキです。
愛読書は『新しい住まいの設計』『チルチンびと』『デイトナ』『サンキュ!』
ガチンコ家族の納得マイホームゲットへの道のり!

興味がある方はごゆるりと~^^
相互リンク歓迎♪

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。