スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

坪単価のふしぎ 

床面積1坪とは3.3㎡。坪単価とは1坪あたりの価格を示したもので、建築費÷延床面積であらわされるものです。
建築費2000万円で面積が40坪の場合、


2000÷40で坪単価は50万円という計算になります。


住宅雑誌やハウスメーカーのチラシなどでは必ずのっていて、いかにも家のグレードを表す基準のようになっていますが、実はその算出方法はあいまいです。


その理由の一つとして、建築費。家が完成するまでには様々な工事があります。内容については別記しますが、仮設工事・基礎工事・建具工事・家具工事...etc...   どこまでを”建築費”としているかは、
ハウスメーカー、工務店、建築家によってバラバラだということです。


例えば、条件の同じ敷地に家を建てる場合、A社は構造部分にかかわる工事のみを建築費、B社は全てにかかわる工事を建築費とみなしていたとしましょう。
全てを含むB社の方が当然坪単価は高くなります。
坪単価だけでお得と判断してA社を選んでしまうと、あとから別途工事費として費用がかさんでしまい、結果B社より高くついてしまった・・・
ということになりかねません。


坪単価の安さを強調してくる業者などは、建築費にどこまで含んで安いといっているのか、その内訳をしっかり確認するようにしましょう。 


その他にも坪単価を上下させる点はいろいろあります。
面積は同じでもその形を単純な箱型にするか、複雑な箱型にするかで違ってくるんですね。複雑な形にすれば、それにともない屋根が増えたり柱が増えたりするわけです。そうなると建築費も増えてきます。


単純な話に聞こえるかもしれませんが、実は勘違いしてしまいそうな落とし穴がたくさんあります。それでも、どういう算出方法で出された金額かを確認できる知識があれば大丈夫ですよね^^


にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト
[ 2007/05/26 10:24 ] 基礎知識 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨーコ

Author:ヨーコ
Kパパ☆N奈☆K太の4人家族^^
新居が完成したらじーじも同居。
滋賀県在住。

*この度、心機一転ブログ名を変更しました。
以前から、なんて面白みのないちんけな名前なんだ・・と
後悔しておりました。^^;
家が完成してからも、マイペースでやっていきたい気持ちもあり
住んでる地域にちなんで
ローコストで納得!マイホームを建てる改め、
「琵琶湖をながめる丘ハウス」といたしました。

リンクを貼っていただいてるお方、
ブログ名変更にお気付きになった場合は
お手数ですが修正して頂けると幸いです。


2008年5月着工~6月25日上棟~9月後半竣工予定

■外壁は黒のガルバリウム
■床は無垢材をオスモカラーで塗りました
■壁もタナクリームを自分たちで塗っちゃいました
■小上がりの畳スペース
■竣工後はウッドデッキ・アプローチ・
野菜畑・花壇などDIYする予定


家作りを考え始めたのが2006年10月。その後、ASJを通じて兵庫県の谷ノ口義弘設計事務所と出会い、丸屋建設が建ててくれます。

アジア~ンとか和モダン風なインテリアがスキです。
愛読書は『新しい住まいの設計』『チルチンびと』『デイトナ』『サンキュ!』
ガチンコ家族の納得マイホームゲットへの道のり!

興味がある方はごゆるりと~^^
相互リンク歓迎♪

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。